アルバイトで入ってきた子持ちの女性と・・・

不倫・浮気・近親相姦・人妻など萌えるエッチな体験談を2ちゃんねるなどからまとめて配信しています。
出会い掲示板

近所の大学生をハメてきたw

↓下のサイトでゲットできたよ♪by管理人↓


年齢認証

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

[ --/--/--] スポンサー広告 | CM(-)| |

アルバイトで入ってきた子持ちの女性と・・・

303 :えっちな21禁さん:2006/11/04(土) 12:45:21 ID:UPkFGCxU0

その頃、私は30歳で会社でバリバリ働いてました。

10月にアルバイトの女性は入ってきたんです。

私より年上の人。

優しくて、胸、お尻が大きいむっちり系の人。

私の部署で庶務他やってもらいました。

9時~17時が勤務時間で仕事終了したら即帰ってたね。

秋だけど、気温が高く温かい日があったんだ。

アルバイトさん、白のポロシャツで身体の線がはっきりでちゃって。。。

ブラジャーも透けてて、目のやり場に困ったね。

11月の下旬ぐらいだったかな、仕事終わったあとお茶に誘って。

いろいろ話しました。
バツイチで、女の子がひとりいて。

私より5歳年上。

仕事はよくやってくれますし、優しく親切で。

それとムッチリボデイに惹かれてました。

子供が、ちっちゃい(5歳)のでまっすぐ帰らなきゃいけないっていってました。

3回ぐらいでしょうか、お茶したんです。

その間に携帯の番号教えあったりしたんです。

12月でした。。。。

「アパートに来ないって」言われたんです・・・・

もちOK

金曜日、彼女は17時であがり、私は18時過ぎに上がり彼女のアパートへ

途中、ケーキと花束を買っていきました。

娘さんが、大変喜んでくれましたね。

ここが親子2人の生活の場なのかとおもいました。

小奇麗に片付けられていて、清潔な感じがした。

彼女は、緑色の薄手のセーターにジーパンで大きな胸に私は萌えました。

娘さんは、初めてあった私に人見知りもせず遊びました。

すき焼きに、ビールです。少し早いクリスマスの感じもしますが・・・

食事の後、紅茶とケーキを食べました。

気がつくともう時計は、21時過ぎになってました。

「泊まってって」。。。。

「えっ」

「おじさん、泊まってくれるって。○○ちゃんよかったね」

「お風呂、用意しますね」

「え、うん」

彼女は、お風呂へ~・・・・

戻ってきて、男物のシャツとトランクス、そしてスエットの上下を用意してくれてました。

「どうぞ~」

「すいません」

「サイズ合うかしら~」

「大丈夫、ありがとう」

私は、先にお風呂をいただきました。

それから、娘さんと彼女がお風呂へ入りました。

しばらくするとお風呂から、私を呼ぶ声がしました。

彼女は、白のバスタオルを身体に巻き娘さんが、上がりました。

「すいません、服着せてやってください」

「はい、はい」^^

娘さんに服を着せてやりました。

その後、奥の部屋で娘さんは寝て、

私たち2人は前の部屋で布団2組並べ、そして床につきました。

そして。。。。。

私のものはびんびんで、弓なりになり。

先端からは汁がでています。

胸はドキドキ、鼻の穴は大きく開き。

もう我慢できません。

「すいません、久美子さん」

私は、覆いかぶさりました。

キスを。。。。

ねっとりした、キスです。

キスをしながら、パジャマの上から胸を揉みます。

すげ~、ずっしり。

すごいボリウムです。

キスをしながら、ゆっくりホックを外していきます。

やはりノーブラでした。

ホックを全部外し、何度もそのずっしりとした乳房を揉みました。

また、乳首もなめました。

我慢できず、顔を埋めました。

彼女は、感じてるようです。

娘さんが、起きないようにひっしに堪えてますが、喘ぎ声が漏れます。

「あっ、あっ、あっ」

前は、既にはだけてて大きく隆起した二つの乳房が突き出てます。

私は、左手を彼女のパジャマ下の中に潜らせました。

どてが、盛り上がりヘアは濃いようです。

密林の奥は、既にぬるぬるです。

もう我慢できません。

私は、着ているもの全部脱ぎ裸になりました。

そして彼女のパジャマ上を脱がせ、次に下をパンティごと一気に押元までおろしました。

そのときです・・・

「コンドーム着けて。買ってきたから~洗面所の鏡のところにあるから」

彼女はいいました。

明かりをつけました。

「すげ~」

ついに彼女の裸を見てしまいました。

グラマーです。

もう少し若ければ、グラビアモデルできるくらいです。

洗面所へいって紙袋に入ったコンドームを持ってきました。

弓なりにいきり立ち、汁がでています。

テッシュで拭いました。

コンドームを1枚用意し、先端から根元までゆっくり被せました。

2・3度しごいてみました。

大丈夫です。

彼女の近くへ・・・

「あかり、暗くして~」

「ああ」

豆電球だけにしました。

耳元で、「入るよ~」

彼女は、頷きました。

彼女の上になり、あそこをまさぐります。

ぬるぬるをとおりこして、びちょびちょです。

いきりたったものを、ゆっくり沈めていきました。

「あっ」

眉間にしわをよせ、恍惚の表情です。

巨乳が、大きく息をしています。

怒張した物が、身体奥深くまで入りました。

今まさに、私のものが彼女を貫いています。

正常位、騎上位、後背位

明朝までに5回しました。

彼女は、満足したようです。

翌日、目が覚めたのはお昼近くでした。

娘さんが起こしてくれました。

彼女は着替えて、台所で食事を作ってるようです。

「おはよう~」

「おはよございます」

「よく眠れた?」

「はい」

「コーヒー、お茶どっちにする?」

「それじゃ、お茶お願い。顔洗ってくる」

彼女の今日の格好は、白のブラウスにベージュのカーディガン、濃紺のスカートです。

女性らしい優しい感じがします。

「はい、新聞」

「どうも」

お茶を飲みながら、新聞を読みます。

「今カレー作ってるの、もうすぐできるから」

しばらくし、できあがりました。

カツカレーにサラダです。

娘さんのために甘口です。

とてもおいしかったです。

食事が終わり、しばらくしました。

娘さんはお昼ねです。

「いつも今頃お昼寝するの~1時間ぐらい寝るのよ」

「そうなの~」

奥の部屋で寝てます。

カツカレーのせいでしょうか、彼女の横乳や大きなお尻を見ているうちにびんびんです。

言いました。

「いいですか~」

「えっ」

「H」

彼女は笑顔で「夕べ、あんなにしたのに~」

「す、すいません」

「いいわよ~。お布団用意するわね」

どちらからともなく、唇を交わします。

しばし、抱擁です。

「仰向けに寝て~」

「うん」

私は布団のうえで寝ました。

そのときです、彼女は私のスエットをパンツごと膝まで下ろしました。

「わ~、元気ね!すごいは~」

ものは、ものすごく怒張しいきりたってます。

先端からは汁がでています。

そのときです。

彼女はものをしっかりと見つめ、先端から舐め始めました。

そしてついに、口の奥深くまで・・・

あ~、気持ちいい・・・暖かです

そうこうしているうちに顔を上下に・・・

「う~いきそ、久美子さん。で、でる~」

我慢できず、彼女の口のなかで放出してしまいました。

「いっぱい、でちゃった」

ものは、ひくひくしています。

だしたというのに、まだ元気です。

彼女がテッシュで拭ってくれました。

そして・・・

「コンドーム着けるはね」

「うん」

彼女は私のものにコンドームをしっかりと装着しました。

「これで大丈夫ね」

カーデガンを脱ぎ、タイトスカートも脱ぎました。

そして、純白のパンティも脱ぎました。

ブラウスの下から、ちらちらっとヘアが見えます。

明るいところで見ると、とても刺激的です。量も面積もあります。

そしてどてのもりあがりがすごいです。

「ごめんなさいね~跨るわね」

彼女は跨り、私のものに手をやりゆっくり腰を下ろしていきました。

ずぶずぶずぶ。。。。

中は、ものすごく熱いです。

完全に奥まで入りました。

瞼を閉じ、感じてるようです。

ゆっくりとしばらくし腰を動かしだしました。

私は、だしているので落ち着いてできます。

感度があがってきてるようです。

口が半開きになり喘ぎ声が漏れます。

「あっ、あっ、あっ」

驚きが!

なんと彼女は自分で胸を揉みはじめたんです。

ブラウスのうえから押し付けて、揉んだりしています。

そして、私の手をとり・・・

「ねっ、お願い!おっぱい揉んで~」

下のほうは、すでにびちょびちょです。

言われるままに・・・

ブラウスのうえから、なで、そして。

ブラジャーの刺繍の感じがツタワッテきます。

両乳首のあたりをこりこりします。

もう硬くなってます。

そろそろ脱がせたほうがいいと思い、ブラウスのホックを上から順に外します。

すげ~

綺麗な、純白のデカブラです。

パンティとそろいのようです。

ストラップがしっかりしたフルカップブラです。

背中のブラホックを外そうとしますが、なかなかうまくいきません。

結局彼女が外しました。

ブラジャーを持ち上げると、みごとな巨乳が現れました。

すでに乳首は隆起し、全体が丸く張ってます。

ブラウスを脱がせ、ブラジャーもとりました。

彼女が裸になったので私も脱ぎました。

下から、こぼれそうな巨乳を揉みあげます。

彼女はいよいよイキソウデス。

「う、う、う。。。。イキソ!う、うぐ。イグ」

白目をむいていってしまいました。

私のうえにつっぷしました。

結構、重いです。

57・8キロはありそうです。

夕べあれだけしているので、今日は余裕があります。
web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おススメサイト
タグcloud
当ブログについて
エッチな体験談を2ちゃんねるから選りすぐって、コピペしているブログです。

全てフィクションです。フィクションとしてお楽しみ下さい。

相互リンク募集中ですので、お気軽にお声をお掛け下さい。
宜しくお願い致します。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SEOパーツ

無料アダルトサイト A-PageRank


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。