後輩からのお願い

不倫・浮気・近親相姦・人妻など萌えるエッチな体験談を2ちゃんねるなどからまとめて配信しています。
出会い掲示板

近所の大学生をハメてきたw

↓下のサイトでゲットできたよ♪by管理人↓


年齢認証

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

[ --/--/--] スポンサー広告 | CM(-)| |

後輩からのお願い

599 名前:サッカー部 :04/05/01 20:34 ID:X6iqIFGh

俺が浪人してた時、たまにしらべと一緒に図書館で勉強してたんですけど、告白できなかったですね。

勉強の方が大事だったんで。

襲うチャンスはありまくったんですけど。

うかったらヤレるさって思って耐えましたね。

高校時代は…二部で。

おまたせしました。

二部です。

最初に言いますが、最終回まで何日かかかります。

よろしくおねがいします。

俺らの高校は雪や雨でグラウンドが使えないとき、市の体育館を使う。

体育館はデカく、相撲場、剣道場、控え室、シャワールーム、スポーツジムなど、田舎にしてはかなり豪華な設備がそろっている。

その体育館の地下にある室内練習場で、野球部とサッカー部、半分ずつに分けて練習をする。

夏のあの出来事から半年。

もう冬だ。

当然、俺はまだ童貞、彼女なし。

しらべとは、あれからきまずい雰囲気を引きずっていた。

噂によればしらべには彼氏が出来たようだった。

練習が終われば、各自ジムで自主トレをして帰る。

俺は先生に左右の筋肉のバランスが悪い、といわれたので、自主トレは義務的なものだった。

ある日の部活終了後。

自主トレに励む仲間はみんな帰ってサッカー部俺だけとなった。

周りを見渡せば、ボクシングをする人、レスリングをする人…。

色んな人がいるな…、俺ももう少し頑張るか…。

なんて考えると、しらべがテクテク歩いて近付いてきた。

し「お疲れ様です」

こんな風に挨拶されたのは久しぶりだ。

俺「あ、ありがと。まだ帰らないの?」

何かおかしい。普段こんな風に話し掛けてこない。

し「は、はい」

俺「あ、彼氏待ってるんだ」

し「い、いえ。違うんですけど」

やっぱ彼氏いるのか…。

何か悲しくなった。

俺「じ、じゃあ俺は続きがあるから…」

し「あ、あの。先輩?ちょっと用があるんですけど…いいですか?」

俺「…えっ!?俺に?あ、ああ。いいよ」

何だ用って?

もしかして告白か?

いや、彼氏はいると噂には聞いている。

なんなんだ…

そして俺としらべは控え室(普段はだれもいない)に向かった。

俺「な、何?用って?」

し「え、あの…。その…」

俺「あ、じゃあ帰りながらはなそっか」

し「いえ、ここでいいんです」

俺「あっ…、そう…」

うつむいてモジモジしているしらべ。

なんなんでしょう?

し「あの!私彼氏いるんですけど!」

やっぱり!  

てか何で今ここで?

俺何か気持ち悪いことしたか?

俺「あ、そうなんだ。お、おめでとう…」

何故か祝福する俺。

バカだ…。

俺「で、何?」

し「…夏の事覚えてますか」

ドキッ!

もしかして、その事を彼氏に言って俺を殺しにきたのか?

俺「う、うん」

し「他のマネージャーに聞いてもわからなくて…」

俺「な、何が」

し「色んなやり方…」

俺「な、何の」

し「…お風呂でやったような事です!」

俺は怒られてるのか?

俺「マネージャーに聞いたならいいじゃん」

し「だから!わかんないんです!」

俺「な、何が」

し「色んなやり方…」

これじゃあ同じ会話の繰り返しじゃないか。

俺「じゃあ、彼氏に実践あるのみじゃん」

し「しました」

し、し、したの!?

俺以外の誰かのチンポをしらべの手が握ったのか!?

刹那的に、失望感で一杯になった。

所詮こんなもんだよな…。好きな人も誰かのチンポ握るんだよな…。

俺「じ、じゃあいいじゃん」

し「怒られました」

俺「誰に」

し「彼氏にです!」

俺「そりゃそうだよね…」

し「真剣に聞いてください!」

俺「聞いてます…」

し「本当に先輩気持ち良かったんですか」

俺「まあ…」

もうしらべの顔を見るだけでため息がでる。

好きだったのにな…

でも誰かのチンポしゃぶってしごいてその後は…

し「どうしたらいいんですか」

俺「彼氏に教えてもらいなよ…」

し「していいですか」

俺「何を」

し「夏みたいなこと」

俺「誰に」

し「先輩に…」

俺「すればいいじゃん…」







俺「えーーっ!?何で?」

し「だってわからないんだもん…」

その顔に萌えた…

俺「だ、誰か来たらどーするんだよ」

し「シャワー室なら個室ですから」

俺「で、でも…」

し「嫌ですか」

俺「嫌じゃないです」

し「じゃあ行きましょう」

いつのまにか強引になっていたしらべ。彼氏の影響か?チクショー!

緊張の中、個室へ。

し「これで拭きますね」

とポケットの中からポケットティッシュが。

俺「彼氏に教わったんだ?」


し「ナナちゃんです」

ヤツか…。ナイス!

し「出していいですか」

俺「あ、ああ…」

しらべによって出されるチンポ。

極楽往生できそうだ。

し「あっ、もう勃ってる…」

俺「すいません…」

何をあやまってるんだ?

し「別にいいですけど。さっそくやっていいですか?」

俺「ああ…」

しらべの手古希が始まった。

こんな娘じゃなかったのに…。

嬉しさと悲しさで狂いそうだった。

し「ここが気持ちいいんですよね…」

と言ってカリを攻めるしらべ。

俺「ああ…」

同じ言葉しか発しない俺。

し「気持ちいいですか?」

俺「ああ…」

し「本当かな…。じゃあ何でイカないんですか?」

俺「何でって…」

ここで俺は一つ気付いた。

俺「し、しらべちゃんさ、何でそこしか攻めないの?」

し「えっ、だってここが気持ちいいんじゃないんですか?」

俺「そうだけどさ…そこだけじゃ駄目だよ」し「そんな…」

俺「仮定法だけ出来ても英語が全て出来るわけじゃないじゃん」

どういう例えだ、俺。

しかし的を得ている。

すごいぞ、俺。

し「じゃあどうしたらいいんですか」

ここで一つの欲望が花咲いた。

俺「く、口でしてくれないかな?」

し「えっ、ヤダ…」

ガーン…

俺「そ、そっか」

し「口でなんかしたことない…」

俺「口でしたほうが男は喜ぶよ」

し「え、本当ですか?」

本当はそんな事しらん。

し「でも、駄目です」

俺「彼氏にもしないの?」

し「し、しません!」

怪しい…

俺「じゃあさ、唾たらしてよ」

し「汚いじゃないですか」

もっと汚いのをお前はすでにつかんでいる…。

俺「その方が滑って気持ちいいんだよ」

し「それなら…」

そういってチンポに唾をたらす。

し「他にどこがいいんですか?」

それから俺はしらべに好き勝手頼んだ。

玉を触らせるわ、思い出のフォーク手古希をさせるわ…。

ただし、いつまでも耐えられる訳じゃない。

その前に…

し「イキそうですか?」

と言いながらチンポをしごき続けるしらべ。

俺「い、いや全然」

ウソです。

限界寸前です。

でも俺にはやる事が…

し「もっと激しくしたほうがいいですか?」

駄目だ!それは駄目だ!

俺「あのさ、早くイクために胸さわらせてくれない?」

し「えっ」

これも叶わぬらイクんですか」

俺「見せてくれたらもっとイク確率は高いよね」

これは当たってるかもしれない。

チンポを握りながら考えるしらべ。

し「前に見せたし…別にいいですよ」

や、や、やったー!

しらべの手をチンポからはなし、制服を脱がし、ワイシャツのボタンを外す。

俺「前より大きくなってない?」

これはカンです。

し「はいー…」

顔が赤くなっていくしらべ。

ここでまた問題。

俺はブラジャーを外した事などなかった。

しかし、ここで男の才能が開花した。

後に手を回し、ホックをいじると簡単にホックがはずれた。

ブラジャーの下からしらべのおっぱいを触る。

し「やっぱり恥ずかしい…」

しらべの顔は真っ赤である。

俺「おっきいね…」

なんて言ったもの、他の人のおっぱいなど触ったことない。

しらべの胸を揉み、乳首が手にあたる感触は何にも変えられない幸せだった。

だんだんしらべの息があらくなる。

フェラを拒まれた以上、挿入も無理な事は知ってる。

もう俺は満足だよ。
さあ、イこう。


俺「ほら、しらべちゃん、続けてよ」

し「駄目ですー…。気持ちよくって…」

悪魔の心が俺に冒険をさせた。

俺「じゃあ乳首舐めてもいい?」

し「えっ、は、はい…」

よし!

きた!

ブラジャーを上に速攻ズラす。

久しぶりの乳首とのご対面。

こんなにピンクだって忘れていた。

さっそく口に含む俺。

至福だ。

明日死んでもいい。

いや、童貞のままはいやだ。

何を葛藤してるんだ、俺は。

とにかく、それくらい幸せだった。

し「あぁ…。気持ちいい…。」

攻め続ける俺。

しらべのおっぱいは石鹸のいい匂いがする…。

し「ダメー…。先輩…イカせなきゃ…」

そういって再びチンポをしごき始めるしらべ。

右手はカリ付近を、左手は玉を…。

こりゃもう…

俺「あ、イクかも…」

し「いいよ…。」

明らかに色っぽくなってるしらべ。

そして手つきが激しくなる。

俺「あ、イクッ!」

し「あっ」

そう言ってチンポを胸の方に向ける。

ドピュ!

し「男の人は胸に出すのが好きなんですよね!」

  THE END(^-^)

web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おススメサイト
タグcloud
当ブログについて
エッチな体験談を2ちゃんねるから選りすぐって、コピペしているブログです。

全てフィクションです。フィクションとしてお楽しみ下さい。

相互リンク募集中ですので、お気軽にお声をお掛け下さい。
宜しくお願い致します。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SEOパーツ

無料アダルトサイト A-PageRank


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。