幼馴染のあきお君

不倫・浮気・近親相姦・人妻など萌えるエッチな体験談を2ちゃんねるなどからまとめて配信しています。
出会い掲示板

近所の大学生をハメてきたw

↓下のサイトでゲットできたよ♪by管理人↓


年齢認証

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

[ --/--/--] スポンサー広告 | CM(-)| |

幼馴染のあきお君

358 名前: あきおくん高校編コピペ 投稿日: 03/07/28 15:28 ID:VqUkrDQX

あきおくんとは、高校生になっても関係は続いていた。

お互いに彼氏・彼女がいても、何とも思わなかった。

会いたくなったときに会い、話し、セックスする。

そしてそこにはちゃんと愛情と思いやりが存在する、そんな関係だった。

ただ、それは「恋」でも「愛」でもなく、「愛情」だと私達は思っていた。

異性に対する恋心とは違う、家族のような気持ち。

私達は、そんな穏やかながらも不可欠な気持ちで結ばれていた。

小中学校とは違い、私達は別々の学校に通っていた。

そのため、会える日が激減していた。

それでも、自宅は徒歩10分ほどしか離れていない近所である。

時間と親のいない隙を見つけては会い、抱き合っていた。

高校生になった私達は小学生の頃のようにゲームをしたりもしたが、一緒に勉強もした。

私は理系、あきおくんは文系。お互いの不得意分野を教え合っていた。

その日もテスト前ということもあり、机を囲んで勉強していたが、ふと、あきおくんがこう切り出した。

「今日は親も兄ちゃんも帰って来ないんだ。泊まって行けば?」

ご両親はお母さんのご実家に、大学生のお兄さんも彼女のところに入り浸っている、とのことだった。

私は戸惑ったが、それ以上に嬉しかった。あきおくんといっしょに眠れる。

断る理由があるわけがない。私はすぐに「いいよ」と言った。

すぐに、勉強を切り上げ、私は家に戻った。

親に友達の家に泊まる、と外泊の許可をもらうためと、

「お泊りセット」、つまり化粧水などのケア用品を持っていくためだった。

私達はあきおくんの家のキッチンで、中学生の頃、

家庭科の調理実習で作ったハンバーグを一緒になって作り、夕食を済ませた。

中学生のときの共有できる思い出があることが嬉しかった。

片づけを済ませると、私はお泊りが決まったときからずっと考えていたことを思い切ってあきおくんに言ってみた。

「ねぇ、お風呂、入ろ?」

あきおくんは、一瞬びっくりしたような顔をしたが、

すぐに「エロいな~」といいながら私を抱きしめてくれた。

そして、キス。

あきおくんは、初めてキスした小学生の頃からとても優しく私にキスをしてくれる。

キスをしながら、あきおくんの手が私の服を脱がしていった。

私も、あきおくんの服を剥いでいく。すぐに私達は裸になった。

湯船にお湯を溜めながら、私達はシャワーでお互いの身体を洗い合った。

ボディーソープを泡立て、あきおくんは私のおっぱいに、私はあきおくんのあそこに塗りたくった。

「せっけんつけるとえっちな感じするね」

「うん、すべすべするから…」

最初はふざけあっていた私達だったが、だんだんと興奮していった。

この日の前にセックスしたのは、2ヶ月前だったので無理もない。

「ねえ、あきおくんは彼女とエッチするの?」乳首を吸われながら、私は聞いてみた。

あきおくんは唇を離し、

「しないよ、なんか、そういう対象にならないっていうか」と言い、

またすぐに私の胸に顔をうずめた。シャワーが、浴室を湯気でいっぱいにしていく。

「○○(私の名前)は?」今度はあきおくんが訊いてきた。

「うん、するよ、たまに…」そのときの私の彼は、あきおくんも知っている男の子だった。

「そうなんだ。…なんか、やだな」あきおくんは私の胸の先を強く吸った。

「あ…やだ、痛いよ」あきおくんが嫉妬しているのが分かった。

「じゃあ、私達、付き合う?」私は聞いてみた。

あきおくんは、私の身体から頭を離し、私の顔をじっと見つめてきた。そしてうなずいた。

「聞いて。俺、○○のこと好きかどうかって聞かれたら分からない。ずっと一緒すぎて。

 でも、今の彼女も含めて他の女の子を好きにはどうしてもならないかも。

 ○○とこうしてるのがいい。一緒にいるのがいい。それが付き合うってことなら、俺の答えは『うん』だよ。」

私は、あまりにもあきおくんが私と同じような気持ちでいたことに驚き、そして嬉しく思っていた。

私も、あきおくんの存在が「好き」と言い表すことさえ難しいくらいに近すぎて、あきおくんとの関係に少し悩んでいた。

そのときの彼氏と会い、セックスしてもあきおくんとの時間に比べればそれは大切な時間ではなかった。

彼とセックスするより、あきおくんとのセックスを思い出してオナニーをする方が良かった。

私は、あきおくんのこの言葉でそれまでのモヤモヤした気持ちが晴れた気がした。

「私、あきおくんとだけエッチする。あいつとは別れる。あきおくんが大事。」

私はそう言った。すると、あきおくんが猛然と私を抱きしめてきた。

しばらくお互いの身体を抱きしめあい、キスを求め合う時間が過ぎた。

あきおくんのあそこが、私のおへその辺りで固くなり、そして私も身体の中心が熱くなるのを感じていた。

「ね…しよ?ここで、しようよ、エッチ」あきおくんが私の身体を半回転させた。

後ろからくるんだ、と私も分かった。

「いいよ、でも、ゴムはつけて?ね?」

「だめ、やだ、このまま繋がるの」あきおくんの動きは止められなかった。

私はマットの上に四つん這いの格好をさせられ、

愛液で濡れて受け入れる態勢の整ったあそこにあきおくんの固くなったおちんちんをあてがい、挿入された。

あきおくんのおちんちんは、すんなりと入ってきた。

私は思わず声が出そうになったが、浴室はガラス窓の向こうにすぐお隣の家があるため、

大きな声を出してしまうと聞こえてしまうと思い、「ん…っ」とガマンをして耐えた。

「声、出してよ」あきおくんが言った。

「だめだよ…聞こえちゃう…」私は顔だけあきおくんの方を向けてそう言った。

「出してよ…」あきおくんはわざと大きく腰をぶつけてくる。

それも、ただのピストンではなく、角度を変えたり回してみたり、バリエーションをつけて。

私は自分の手の甲を口に押し付け、声が出ないよう耐えながらその快感を味わっていた。

あきおくんの大きな大きなモノ。

浴室で、くちゅ、くちゅ、と濡れた音が響いた。

そして、あきおくんの「いやらしい音…」という囁き。

「もうイクよ?いい?ねぇ…」あきおくんの動きが速くなる。

くちゅくちゅという音に加えて、あきおくんの腰がぶつかってくる、ぱんぱん、という肉の音。私は気が遠くなった。

次の瞬間、あきおくんの腰が素早く離れ、おちんちんが私のお尻の上に置かれた。

背中に感じる、勢いのついたしずく。

お尻の割れ目でびくびくと跳ねるあきおくんのペニス。

はあはあという私達の息遣い。

「○○…」名前を呼ばれ、後ろから抱きしめられた。

私はあきおくんに向き直り、湯船に半分ほど溜まったお湯を桶ですくい、あきおくんのペニスにかけてあげた。

「もう…ちゃんとおふとんでしたかった」とすねて見せた。

「ごめん」今度はあきおくんが私の背中を流す。正確には、背中の精液を。

「次は、ベッドでしよう」あきおくんが言う。私はもちろんうなずく。

微笑み合い、キスをして、身体を洗いあう。湯船にもつかる。

一緒に風呂場を出て、お互いの身体をバスタオルで包む。

「服は着ないで、このまま部屋に行こう」

私達は小走りであきおくんの部屋に入る。さっき来たときよりもいくらか整頓されていた。

私が泊まるということで、片づけたのだろう。そんなところがかわいいと私は思った。

私は先に、あきおくんのベッドに潜り込んだ。

「化粧水と乳液つけさせて」

持ってきたポーチを開け、手早く顔を整えた。

あきおくんは物珍しそうにビンを手にとり、「俺もつけていい?」と自分の顔も手入れをした。

私は笑った。

裸のままだった私達は、すぐにお互いを求め合った。

ベッドの上で抱き合い、唇を重ね、性器を触りあった。

「もう、こんななってる」

私は再び大きくなったあきおくんのあそこを扱いた。

「おまえも」あきおくんは濡れた私のあそこを指で弄ぶ。

「ねぇ、食べていい?」あきおくんが聞いてくる。

「いいけど…電気、消して」私は、明るいまま足を広げられるのにまだ抵抗があった。

あきおくんは、いつもなら毛布をかけてクンニをしてくれるのだが、この日は違った。

「消さない。」あきおくんは、電気は消さず、また毛布もかけず私の足首を広げた。

私の中心が露になる。「やだぁっ。」私は太ももを閉じ、手で遮った。

「こら。」あきおくんは強引に手を払いのけ、足をこじ開けた。そして、唇をつける。

「あ…っあああっ!!」つい、声が大きく出てしまった。

「あれ?声、出さないんじゃなかったの?」あきおくんはより強く吸い付いてくる。

「やぁ…っ! やん…、い、いぢわるだよ、あきおくん…んんっ!!」

「んー?」あきおくんは、私のクリトリスを吸い、びしょびしょに濡れたあそこに指を入れ、くりくりとかき回してくる。

「は…っ、あん、ああぁあ…」私の頭の中は制御不能になる。

「や…イク…やだぁっ、いっちゃうよぉ……」

「いけよ」

「やだあ…っああっ!!」


私の快感は頂点に達する。

腰が浮き、シャワーを浴びたばかりの身体に汗がにじむ。

あきおくんの動きがぴたっと止まった。

どくん、どくん、どくん、と、私のあそこがあきおくんの指に鼓動を伝えているのがよくわかる。

はっ、はっ、と短い呼吸をして私は息を整えようとした。

腰は、ぴくんぴくんと意に反してあきおくんの手に振動を伝える。

あきおくんの指が、ゆっくりと身体から引き抜かれるのを感じた。

「んん…っ!」私はもう1度腰を浮かせてしまう。抜かれるときも感じてしまうのだ。

「もぉ…こんなに濡らして。」あきおくんは入れていた指を私の目の前に持ってきて見せてくる。

あきおくんの右手の中指がつややかな光を放っている。

「…1本だけ?入ってたの?」

「そうだよ」

「指1本でいかされちゃったの?」

「そう」

「こんな…明るいとこで…」

「そう、全部、見てたよ」

なぜか、私の身体に悔しさが満ちてくる。けれど私は何も言い返せない。

快感の絶頂後特有の心地よい疲労が私を支配していた。

しばらく放心していると、あきおくんが私の顔の前におちんちんを持ってきた。

それは、とても大きく張りを持ち、血管を浮き上がらせていた。

「今度は俺の、食べて?」

あきおくんのそれが、私の唇に触れる。私は少し頭を持ち上げ、口を大きく開ける。

「ん…っ」大きい。すぐに私の口の中はあきおくんのそれでいっぱいになる。

あきおくんがゆっくりと腰を動かし始めた。

前に押し付けられる度に、のどの奥に当たって少し苦しい。

それでも、あきおくんの根元には唇は届かない。全部を口に含むことは無理なのだ。

そのことをあきおくんもわかっているのか、6~7分目ぐらいで止めてくれる。

「おいしい?ねえ…」あきおくんが言う。「ん…」私は少しだけうなずいてみせる。

実際、あきおくんのおちんちんはおいしい。食べていると、それがとてもいとおしいものに思えて幸福な気持ちになれるのだ。

だんだんと、あきおくんの腰の動きが速くなってくる。苦しい。

私はあきおくんの腰に手を当て、動きを静止した。

「ごめん、きつかった?」あきおくんが慌てて私の顔を覗き込んでくる。

「うん、ちょっと。ごめんね」

けれど、私は嫌な訳ではなかった。できるなら、このままイってほしかった。

「ね、今度はこっちに、きて?」

あきおくんを心配させまいと、私はあきおくんの手をとり、私の濡れたところへ持っていった。

「こっちの方が、気持ちいいよ」

「うん、入れる」あきおくんは、今度はコンドームを取り、すばやく自分で装着した。

「入れるね?いい?」

「…ん、いいよ…」

私は足を開き、あきおくんを受け入れる。

あきおくんの先端が私の入り口に触れた。

私はいつもこの瞬間、嬉しい気持ちで一杯になる。

しかしその気持ちを味わうことは本当に一瞬で、すぐに快感が勝り押し寄せてくる。

「んん…っ!」さっきイったばかりのせいか、私のあそこは、きゅんときつくなっていた。

「ほらぁ、またこんな締めて。力抜いて、俺すぐいっちゃうよ。」

「締めてないよぉ、締まって…るの…おっ!あっ!ああぁっ!!」

あきおくんはこの日、やっぱりちょっといじわるだった。強引に侵入してくる。

「…全部、入ったよ、ほら」

あきおくんが私の手を、その接合部分に導いた。

私のあそこは大きく口を開け、あきおくんのそれを受け入れていた。

思わず、ひくん、と反応してしまう。

「あ。ほら、締めるなって」あきおくんがゆっくりと動き始めた。

「ほんと、エッチな身体なんだから」

「もぉ…そんなこと言わないで…あぁ…っ!」

「ん?どんなこと?」

「なんか変…だよ…あきおくん…んんっ!!い…いじわる…!」

「いじわる?どうして?こんなに気持ちよくしてあげてるのに」

「や…あん…んっ!」

あきおくんの動きが速くなっていく。私の胸も大きく震える。

そのとき、あきおくんが私の頬にくちづけながら囁いた。

私はこの言葉を一生忘れないだろう。

「ねぇ…○○…言わせて?これだけ。……好きだよ…?」

「…んっ!」今までに感じた快感とは別の物が私の身体を貫いた。

そう、初めてあきおくんとキスをしたとき、こんな感じじゃなかっただろうか。

身体に与えられる物理的な快感ではない、精神的な充足感。

私は、このとき初めて「イった」のだ。

遠くであきおくんの声がする。

「あ、俺も…イきそう…いく、ね…?」

あきおくんのおちんちんが深く突き立てられ、あきおくんの動きが止まる。

肩で息をしながら崩れてくるあきおくん。

けれど私はいつものように抱きとめてあげる余裕がない。ただ、脱力。

私たちはしばらく荒い息が整うまで空気を貪る。

けれど私には、強烈な睡魔のような抗えない何かが襲いかかってきていた。

セックスの後、気を失ったのはこれが初めてだった。

しばらくして私が目を覚ましたとき、あきおくんは眠っていた。

私たちは下着だけ履いていた。あきおくんが履かせてくれたのだろう。

話は省略するが、このあと、あきおくんが目覚め、「好き」と言ったことについて私はどう思ったかと訊かれた。

そして、とても嬉しかったことを伝え、やはり私たちはちゃんと付き合おうと誓い合い、

今付き合っている相手にもちゃんと別れることを言うと宣言しあった。

この日のセックスが、これから後、現在に至るまでの私たちの関係を決定づけた。

あきおくんと私は、それぞれの恋人と別れた。

あきおくんの彼女さんはけっこうすんなりと別れを受け入れたらしい。

けれど、何回か身体の関係があった私の彼はなかなか納得してくれなかった。

しかし、私の気持ちは固かった。あきおくんは好きだと言ってくれた。

そして、私もあきおくんを好きだという自覚が芽生えていた。

高校1年の秋だった。

晴れて正式な恋人同士となった私たちは、初めてのデートに行った。

それまで、2人で街を歩いたりしたこともあったが、映画を観ようだのデートスポットに行こうだのはそのときが初めてだったのだ。

あきおくんは、私の手を引いてくれた。手をつなぐだけで、私の胸はときめいていた。

あきおくんを好きになってよかった、そう思っていた。

私をあきおくんの友達に紹介してもくれた。

高校でのあきおくんの新しいお友達。

彼らに紹介されるということに、こんなにも愛情を感じるとは思わなかった。

ある日の学校帰り、駅近くであきおくんとばったり会った。

私たちは学校まで同じ電車で通い、同じ駅で降りていた。

けれど、あきおくんは剣道部、私は茶道部(生徒達の溜まり場だった和室が気に入ったのでw)に所属していたため、

放課後一緒に帰ることなんかめったになく、本当に偶然の出来事だった。

あきおくんは、学校の友達数人と一緒だった。

「○○ちゃんじゃん!」最初に声をかけてきたのはかずやくんという友達だった。

彼らは、カラオケでも行こうと話していたらしい。

「けど男ばっかって色気ねーから誰かクラスの子でも誘おうかって言ってたの。

 ○○ちゃん行かない?」と私も誘われた。

そして、私の友達も呼んで、と頼まれた。

あきおくんの友達で、彼女がいない男の子は「頼むよ~」と必死だったので、私はなんだか楽しくなった。

PHSで友達数人にメールを送り、「空いてる子は来ると思う」と私たちはカラオケボックスに入った。

しばらくするとメールの返事が来て、女友達2人が連れ立って来るとのことだった。

私はカラオケの入り口で待ち合わせるために1人ボックスを出た。すると、あきおくんが追ってきた。

「ん?どうしたのあきおくん?」

「トイレ、行かない?」

私はすぐにその意味が分かった。2人でトイレに行くなんて、することは1つだ。

「だめだよ、もうすぐ友達くるもん、怪しまれちゃう」

「ん?何を?○○、何考えてるの?」

「何って…」

「エッチなこと考えてるの?バカ、ちょっとちゅーってするだけなのに」

私は自分の顔が真っ赤になるのを感じた。

そうだ、2人で個室に入るからといってセックスするとは限らない。

あきおくんは、キスをしたいだけ、と言った。私はあきおくんとトイレに入った。

平日のからおけはガラガラだった。トイレでキスをしていても、足音さえ聞こえてこない。

「もう…行こ?」私は顔を離して言った。

「うん…でも…」あきおくんは私の手をあそこに持っていった。

「俺、こんななっちゃった」あきおくんのそれは、制服のズボンを持ち上げ、大きく固くなっていた。

「あ…」けれど、私もパンツを濡らしていることはわかっていた。身体の中心が急速に熱くなった。

「けど…待たせちゃうから…」私はあきおくんをなだめようとしたが、きいてくれない。

「やだ、したい、ここで。ね?」あきおくんの手が私の制服のスカートをめくる。

逆の手が、セーラー服の上着の前を留めているスナップボタンをプチプチと器用に外す。

私のキャミソールとブラジャーに覆われた胸が露になる。あきおくんはブラの上の部分をめくり、乳首に吸い付いてた。

「あぁ…っ」そうしている間にも、あきおくんの指がパンティの中に侵入してくる。

私のクリトリスが弄ばれる。

「もう…○○だってこんななってるじゃん。すっごい濡れてる」

「だめよ、こんなとこで…」あきおくんは聞いてくれない。

あきおくんはポケットにあった財布からコンドームを1つ出し、手早く着け、「入れるよ?」と囁いた。

あきおくんのそれは、ズボンのチャックから大きくそそり立ち、びくびくと跳ねていた。

あきおくんの制服は私の高校と違いブレザーだった。あきおくんは上着を脱ぎ、私の右足を大きく持ち上げた。

あきおくんは、私のパンティのクロッチ部分を指で片方へ寄せ、そこへ入れてこようとした。

しかし、指が邪魔なのとパンティと擦れてしまうのとで断念した。

「脱いで」あきおくんは私のパンティを下ろした。

私は、あきおくんのそれがあそこにぶつかったときの快感で、最後までいきたいと思うようになっていた。

だからもう、素直にあきおくんの指示に従い、自ら足を上げてパンティを脱ぎ、腰の高さより少しだけ上にあった洗面台に座り、足を開いた。

「きて?あきおくん」私はあきおくんを抱き寄せ、挿入を促した。

あきおくんが入ってくる。私は押し寄せる快感に耐え切れず、両手を後ろについた。

洗面台に腰掛けた私のそこは、あきおくんのものが入るのに丁度いい高さにあり、また十分に濡れていたため、無理なく入ってきた。

「ん…」私たちは息を漏らす。声はもちろん出せない。

そしてここはトイレ。いつノックされるかわからないというスリルも手伝い、私はすぐに快感の山が訪れた。

「…っ…んん…っ!」あきおくんのピストン運動が速くなる。

接合部分は、制服のスカートが覆っているので私からは見えなかった。

しかし、あきおくんは制服のシャツとネクタイ、私はセーラーを羽織っている、

という2人の格好がなぜか背徳感を持って私の視界に迫ってきて、ますます興奮していく自分を感じていた。

ふと、あきおくんが動きを止めた。

「…?」どうしたのだろうと思いあきおくんの顔を見上げると、あきおくんはペニスを引き抜いてしまった。

イってしまったようには思えない。

訳がわからないままに私は洗面台から降ろされ、代わりに回れ右をさせられた。大きな鏡に映った自分と目があう。

そうこうしている隙に、あきおくんは再びスカートをめくり、今度は後ろから入ってきた。

バックからきたかったのか、と思い、あきおくんの一連の行動に納得できた。

「ん…ふ…っ」声を出すまいと顔が歪んでしまう。そのとき私は初めて気がついた。

洗面所の大きな鏡に、自分の顔が、はだけた胸が、いやらしい姿で突かれている身体が、全て映し出されていた。

「かわいい…いつも、こんなかわいい顔でしてるんだよ?」

あきおくんが言う。けれど私は見られない。目を固く閉じた。

「せっかくこんなエッチな格好してるのに…」

あきおくんの動きが急激に速度を増す。

後ろから揺さぶられ、バックのときのぱんぱん、という音が響き、外に聞こえてないだろうかと気が気でない。

けれど、快感を無視することもできない。

「あ…イク…イクよ…」あきおくんの動きが、いつものイク直前の動きにシフトした。

この動きには私も弱い。「あたしも…っ」あごがのけぞる。

身体の中心が快感に震える。あきおくんが最も深く突き上げてきて、そこで果てるのを感じた。

どくどくと身体の中でおちんちんが鼓動している。それを受けて、私もひくんひくんと痙攣していた。

「…っはぁ、はぁ、はぁ」個室に、私たちの呼吸だけが響く。

遠くで、カラオケの音楽が聞こえる。そこで、ここがカラオケだったとふと気づいた。

あきおくんのそれが抜かれ、私たちは顔を見合わせて苦笑した。

「も~こんなとこで~」

「しょうがないじゃん、エッチな気持ちになったんだから」

私はあきおくんのおちんちんを拭いてあげ、あきおくんも私の愛液を拭ってくれた。

「こんなにぬるぬる」あきおくんは私に見せてきた。

「もうっ、急がなきゃ」私はセーラーを整え、パンティを履き、あきおくんも制服を着なおした。

私たちがカラオケの入り口に行くと、友達2人はちょうど到着したところだった。

初めて利用するカラオケだったので、場所がわからなくて少し迷っていたそうだ。

私たちはほっと胸をなでおろし、彼女たちをボックスへ連れて行った。

あきおくんは後日、鏡の前でのセックスはとても燃えたと言っていた。

私はずっと目をつぶっていたのでわからない、と言うとじゃあこれから鏡の前でしようと、姿見の大きな鏡をベッドに持ってきてセックスした。

繋がっている部分を見ながらのセックスは、私たちがとてもいやらしい生き物のように思えてすごくすごく燃える。

web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おススメサイト
タグcloud
当ブログについて
エッチな体験談を2ちゃんねるから選りすぐって、コピペしているブログです。

全てフィクションです。フィクションとしてお楽しみ下さい。

相互リンク募集中ですので、お気軽にお声をお掛け下さい。
宜しくお願い致します。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SEOパーツ

無料アダルトサイト A-PageRank


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。