中学時代、好きな女の子とのエッチな体験談

不倫・浮気・近親相姦・人妻など萌えるエッチな体験談を2ちゃんねるなどからまとめて配信しています。
出会い掲示板

近所の大学生をハメてきたw

↓下のサイトでゲットできたよ♪by管理人↓


年齢認証

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

[ --/--/--] スポンサー広告 | CM(-)| |

中学時代、好きな女の子とのエッチな体験談

546 名前: えっちな21禁さん 投稿日: 03/05/11 21:23 ID:aZN0MCLp

中学時代、好きな女がいた。

甘い声と、彼女がいつも軽くつけているバニラのコロンの匂いが好きだった。

俺は当時、ある高校に進みたくてガリ勉をしていた。

彼女はちょっとグレていて、学校も休みがちだった。

あるとき、彼女が数週間も学校を休んだことがあった。

いまから考えるとキモいとしか思えないが、俺は彼女のことがもうどうしようもなく気になり、彼女の家までいった。

緊張しながら彼女の家のベルを鳴らすと、出てきたのは彼女本人だった。

「あれ?(俺の名前)じゃん。どーしたのよ」と彼女。しどろもどろに「心配で…」と答える俺。

彼女は「えー、なんで?」と笑いながら、それでも俺を家の中に招き入れてくれた。

私服の彼女は、妙に大人っぽかった。深いV字のセーターから、胸元が微かに覗き見えた。

彼女の母親が淹れてくれた紅茶を飲みながら、しばらく話をした。相変わらず俺はしどろもどろ。

やがて「(俺の名前)みたいな真面目にまで心配されてちゃ仕方ないしね。明日から(学校に)いくよ」と彼女。

翌日、学校には約束とおり彼女の姿があった。

俺と彼女は、いつもとはいえないけれど、以前よりももはるかに多く長い時間、一緒にいるようになった。

彼女の友だちとも仲良くなった。生まれてはじめてタバコを試したりもした。

逆にテスト前になると、彼女や彼女の友だちに、勉強を教えることもあった。

だが彼女たちの所属している暴走族の集会や、いつも溜まり場にしているゲーセンには連れていってもらえなかった。

先輩や他校の奴らとも会わせてはくれなかった。

いつも誰かが「お前はもう帰れ」とむげに俺を遠ざけていた。

真面目な俺を深入りさせてはいけない。なんとなく、それは彼女が皆に言い含めていたと感じていた。

そしてそれはそのとおりだった。

やがて受験の時期になり、俺はガリ勉に戻った。

内申や偏差値は、彼女たちと一緒に前から変わらず、志望校の合格ラインを軽く超えていた。

だが、落ちた。

滑り止めなんて、受けていなかった。

死んでしまおう、ではなく、もう生きているのはやめよう、そう思った。

くだらない理由かもしれないが、そのときの俺はほかに何も考えることができなかった。

遺書は書かなかった。代わりに自分の部屋を徹底的に掃除した。

翌日、学校にいってロッカーと机の中もキレイに整理した。

そして午前中の授業が終わり、昼休みになって、俺は学校を抜け出した。

カバンや学生証、財布はすべてロッカーに入れて、ただ千円札を三枚、ポケットにねじ込んでいた。

その場所にいくまでの交通費。

俺は駅に向かった。いい天気だったのを覚えている。

だが校門を出たところで、俺は呼び止められた。

彼女だった。一番会いたくない相手だった。

だが彼女は受験のことにはこれっぽっちも触れず、ただ「フケるん?だったら、遊びにいかない?」と笑っていった。

少し、息を切らしていた。様子のおかしい俺を、たぶん、追いかけてきたのだろう。

俺はどうしてか、彼女に対して妙な余裕があった。

「いいよ。でも金ないし。お前ん家にいってもいい?」

「…いいよ。なにしよっか?」

「エッチ。なぐさめてよ」

「いいよ。いまならあたしん家、誰もいないし」

ためらいのない彼女の返事に、俺は余裕がなくなった。

彼女の家には、誰もいなかった。

二階の彼女の部屋にいき、無言のまま、お互いに制服を脱いだ。

ベッドのうえで抱き合った。

彼女は「あたし、はじめてじゃないんだ。ごめん」と真面目な顔をしていった。

生まれてはじめてみる女の裸。それまでの僅かな知識を総動員して、俺は動いた。

おそろしく身勝手なセックスだったと思う。

そのうえ、俺は結局、最後までできなかった。

挿入まではできた。だが途中でなえ、どうしようもなくなった。

無言のままのふたり。先に口を開いたのは、彼女の方だった。

「ごめん。もしそんなつもりじゃないんなら、思いっきり笑ってくれていいんだ。だけど…」だけど…。

続く彼女の台詞に、俺は自分が大人になったと思ってからはじめて泣いた。

彼女に頭を抱きかかえられながら、声を出して泣いた。

その後しばらくは電話をしたり、たまに会ったりもしたけど、俺と彼女が付き合うようになったりしたというわけでもなく、この話はこれでおしまい。

もちろん一部は脚色しているが、いままで誰にもいえなかったことが書けて、気持ちが晴れた。自慰長文、申し訳ない。

ただ最後にひとつ。

どうして彼女はあの日、俺のことを呼び止め、抱かれてくれたのか。

俺のことが男として好きだった、というわけではなかった。

あの日、彼女は自分の腕の付け根をみせてくれた。白い肌に、縦に長く乱れた傷跡があった。たぶん、動脈がある辺り。

「だけど…もし自殺とか考えているんなら、考え直してほしいんだ。あたしも同じことを考えていたときがあったから。

そのときは失敗しちゃったけど、でも死ねるまで繰り返そうと思ってた。

だけど、誰かが自分のことを心配してくれているんだってわかったから、あたしはいまも生きている。

そいつはあたしの命の恩人で、あたしはそいつになにかがあれば、もうどうやったって助けるよ」

いまでも俺にとって彼女は「いい女」のナンバーワン。

web拍手 by FC2
管理人のハメ撮り体験談はこちら>>

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おススメサイト
タグcloud
当ブログについて
エッチな体験談を2ちゃんねるから選りすぐって、コピペしているブログです。

全てフィクションです。フィクションとしてお楽しみ下さい。

相互リンク募集中ですので、お気軽にお声をお掛け下さい。
宜しくお願い致します。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SEOパーツ

無料アダルトサイト A-PageRank


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。